White’s boots(ホワイツ・ブーツ)のお手入れ方法と靴磨きを徹底解説

メンズファッション

ホワイツブーツのお手入れ方法と靴磨きを徹底解説

今回はWhite’s boots(ホワイツ・ブーツ)のお手入れ方法と靴磨きを徹底解説!ということで、約7年愛用しているホワイツブーツのセミドレスを久々にメンテナンスしましたので、ケア方法と靴の磨き方を解説いたします!今回ご紹介するケア方法はレッドウィングなどのワークブーツからビジネスシューズまで、革靴であればほぼ全てに応用可能ですので、ぜひ最後までチェックしてみてください!

White’s boots(ホワイツ・ブーツ)のセミドレスをメンテナンス

前回の「ホワイツブーツのサイズ感で痛い失敗をしない3つのコツ」でも登場しましたが、約2年ほど全くお手入れしていなかったホワイツのセミドレス。このセミドレスに使用している革はクロムエクセルという、元々オイルをたっぷり含んだ革で、オイルを入れる頻度は半年に一回ぐらいでも十分な革になります。でも、2年もほったらかしにすると、さすがに革が乾いて傷や汚れなども目立ってきました。

White’s boots(ホワイツ・ブーツ)のお手入れ方法と靴磨き 傷だらけのホワイツ

White’s boots(ホワイツ・ブーツ)のお手入れ方法と靴磨き 傷のアップ

つま先なんて傷だらけですね。
お手入れしてやらないと可愛そうな感じになってきたので、今回は気合を入れて徹底的にお手入れしようと思います!

ということで! 気合を入れてメンテナンス用品を買い揃え、新品並みに蘇らせてやりました!

とりあえず先にビフォーアフターをご覧ください!!

いかがでしょうか?
購入したばかりと言うと大げさですが、かなり綺麗に仕上がりました。
色々調べまくって、これがベストじゃないかという方法で実践してますので、メンテナンス方法で迷ってる方は、ぜひ参考にしてみてください!

それでは行ってみましょう!

ホワイツ・ブーツの汚れを徹底的に落とす

今回のメンテナンスで使用した道具はこちら!

White’s boots(ホワイツ・ブーツ)のお手入れセット

  • 馬毛ブラシ
  • 豚毛ブラシ
  • いらないTシャツ
  • テレンプ
  • Collonil(コロニル)ライニガースプレー(汚れ落とし)
  • Collonil(コロニル)レザーソープ(汚れ落とし)
  • Collonil(コロニル)ユニクリーム(汚れ落とし)
  • Collonil(コロニル)シュプリームクリーム(補色・栄養)
  • Collonil(コロニル)ナノプロ(防水スプレー)
  • シューツリー(レッドシダー)
  • スペンコ RXコンフォート・インソール
  • WESCO(ウエスコ)シューレース

まずはホワイツのブーツに付いた汚れを徹底的に落とす作業から始めます!
水の中に洗剤を入れて丸洗いするという特殊な方法もありますが、乾かすのに時間がかかるので、今回は汚れ落としで汚れを落とす方法で実践していきます!

まずは靴紐をほどいて、隅々まで馬毛ブラシでホコリを落としていきます。

White’s boots(ホワイツ・ブーツ)のお手入れ方法と靴磨き 馬毛ブラシを使用

特にシュータンや羽根の内側はホコリが溜まりやすいので丁寧にブラッシングしてください。

White’s boots(ホワイツ・ブーツ)のお手入れ方法と靴磨き

汚いですね… お見苦しい写真ですみません。

ブラッシングが終わると、次はライニガースプレーを使って全体の汚れを落としていきます。ライニガースプレーは部屋で使用すると、めっちゃ空気が汚れて気分が悪くなるので外で使用するようにしてください。

White’s boots(ホワイツ・ブーツ)のお手入れ方法と靴磨き コロニルのライニガースプレー

ベランダに移動してスプレーします。

White’s boots(ホワイツ・ブーツ)のお手入れ方法と靴磨き コロニルのライニガースプレーを使用

全体にスプレーをして、いらなくなったTシャツで汚れを拭き落としていきます。

White’s boots(ホワイツ・ブーツ)のお手入れ方法と靴磨き Tシャツで磨く

ご覧の通り、汚れが落ちていきます。ライニガースプレーは汚れやカビ、以前塗布したオイルなどを取ることができるのでお勧めです。ただ、頑固な汚れは落ちにくいので、サッと全体の汚れを落とす感覚で靴の汚れを落としていきましょう。

アイレットやフックの汚れには、綿棒があると便利です。

White’s boots(ホワイツ・ブーツ)のお手入れ方法と靴磨き 綿棒を使用

酸化してグリーン色の汚れが取れます。ちなみにこれはカビではなく、銅が酸化してできる「緑青(ろくしょう)」というサビになります。綿棒と併せて、つまようじで隙間のサビを取り除いてください。ピカピカにするには金属用の研磨剤を薄めて綿棒で取るか、お酢を綿棒に付けて磨いても効果があるのでお勧めです!

両足の汚れを落としたら、次はレザーソープでさらに汚れを落とします。

White’s boots(ホワイツ・ブーツ)のお手入れ方法と靴磨き コロニルのレザーソープを使用

White’s boots(ホワイツ・ブーツ)のお手入れ方法と靴磨き コロニルのレザーソープを使用

これは部屋で使用しても問題ないので、スプレーが面倒な方はレザーソープだけでも良いと思います。これはさらに頑固な汚れを落とす感じで、汚れが気になる部分に付けて靴を磨いていきます。

そして、さらに頑固な汚れにはユニクリームを使って汚れを落としていきます。

White’s boots(ホワイツ・ブーツ)のお手入れ方法と靴磨き コロニルのユニクリームで汚れ落とし

いらなくなったTシャツにユニクリームを少し付けて、頑固な汚れを落としていきます。

White’s boots(ホワイツ・ブーツ)のお手入れ方法と靴磨き

White’s boots(ホワイツ・ブーツ)のお手入れ方法と靴磨き

かかと部分の黒い汚れを落としていきます。

White’s boots(ホワイツ・ブーツ)のお手入れ方法と靴磨き

ユニクリームを使うとご覧の通り綺麗に取れます。(頑固すぎると取れない場合もありますが)

White’s boots(ホワイツ・ブーツ)のお手入れ方法と靴磨き

隅っこに入り込んだクリームは先のとがった綿棒で取り除くと便利です。

ホワイツ・ブーツをピカピカに磨く!

汚れ落としの次は、いよいよオイルで磨いていきます。その前に、オイルを入れる前に下準備を行います。
全体の汚れが落ちたところでインソールを取り、靴の中のホコリを掃除します。

White’s boots(ホワイツ・ブーツ)のお手入れ方法と靴磨き 汚い中敷きインソールを取る

インソールもしばらく替えてなかったのでボロボロです。お見せできませんが、つま先には大量のホコリが溜まっておりました(汗)。靴の中もホコリが溜まってるので定期的に掃除しないといけませんね。
靴の中のホコリが取れたところで、シューツリーを入れます。

White’s boots(ホワイツ・ブーツ)にはシューツリー

White’s boots(ホワイツ・ブーツ)シューツリー

スプレーやクリームなどで革の汚れを落とすと革が湿るので、この状態でほったらかすと型崩れしやすくなります。なので、シューツリーを入れて革をピーンと引き延ばし、湿り気がなくなるまで乾かします。また、湿った状態でオイルを塗ると、革が柔らかくなりすぎて型崩れしやすくなるので、必ず革が乾いてからオイルを塗ってください。ちなみに今回は2時間ほど乾かしました。

ちなみにシューレースはホワイツ純正でも良いのですが、今回使用したのはホワイツ純正と同じレッドシダーを使用したシューツリーで、ホワイツ純正のシューツリーよりコスパが良かったのでこちらを選びました。レッドシダーの良い香りで使い勝手も良いのでお勧めです!

シューツリーを見る

White’s boots(ホワイツ・ブーツ)のお手入れ方法と靴磨き

シューツリーを入れると履きジワが目立たなくなり、革が張った状態なのでオイルが塗りやすくなります。

White’s boots(ホワイツ・ブーツ)にはコロニルのシュプリームクリームを

革が乾いたところで、コロニルのシュプリームクリーム(ブラウン)を塗っていきます。今回はつま先やかかとなど擦り傷があり、ハゲてしまってるので補色をするためにこのクリームを選びました。

補色を必要としない場合はミンクオイルやホワイツ純正のオイルなどもあるので、そちらを使用しても良いと思います。ちなみにこのシュプリームクリームは植物性なのでベタベタせず、伸びも良くて香りも良いのでめっちゃお勧めです!

ブラウン以外にも、無色やブラック、バーガンディ、タンなど、カラーも豊富にあるので一つ持っておくと非常に便利です。

コロニル・シュプリームクリームを見る

いらなくなったTシャツで、薄く全体に塗っていきます。いきなりベタっと多く塗らないように気をつけてください。

White’s boots(ホワイツ・ブーツ)のお手入れ方法と靴磨き

全体を塗り終わったら、もう一度薄く塗り重ねていきます。

White’s boots(ホワイツ・ブーツ)のお手入れ方法と靴磨き 豚毛ブラシ

シュプリームクリームを塗り終わると、次は豚毛ブラシで全体をブラッシングします。高速でシャカシャカっとブラッシングすると光沢が出てピカピカになります。豚毛ブラシを使うと、毛が余分なオイルを取り除いてくれ、適度にオイルが革に馴染んでくれるのでお勧めです。

White’s boots(ホワイツ・ブーツ)のお手入れ方法と靴磨き

いかがでしょうか。
写真では伝わりにくいですが、お手入れ前とは見違えるように綺麗になりました。

White’s boots(ホワイツ・ブーツ)のお手入れ方法と靴磨き

横から見ても美しい。

豚毛ブラシでブラッシングした後は、綺麗なテレンプ(もしくは柔らかい布)で全体を乾拭きします。乾拭きをすることで、さらに余分なオイルを取り、磨き上げると綺麗に仕上がります。乾拭きをしないとホコリが付着しやすくなるので、忘れずに行うことをお勧めします。

乾拭きが終わると、また革の湿り気が無くなるまで乾かします。

革が乾いたら、インソールを入れます。
今回使用するインソールはホワイツがお勧めする、スペンコのRXコンフォート・インソールという代物。

White’s boots(ホワイツ・ブーツ)にはスペンコのインソール

他の方のブログや商品レビューも良かったので期待しておりましたが、開けてみると何の変哲もないフラットなインソールでした。

こんな感じです↓

SPENCO スペンコのインソール、RXコンフォート

SPENCO スペンコのインソール、RXコンフォートをホワイツに

先にこのスペンコのインソールをレビューすると、正直「ふ〜ん」って感じで、特に感動は無かったです。確かに履き心地は多少良くなるので、無いよりかはあった方が良いですが、大絶賛するほどのものでは無いです。ただ、他のインソールを選ぶ上で注意して頂きたいのは、ホワイツにはアーチーズ(土踏まずの膨らんだ部分)があるのでフラットなインソールを選んでください。インソールによっては土踏まずの膨らみがついたやつもあるのでご注意を。

インソールを入れ終わると、次は靴ひもを通していきます。今回はホワイツ純正のシューレース(平紐タイプ)を探していたのですが、どこも売り切れで見つけられなかったので、ホワイツと対を成すキング・オブ・ブーツとして名高い、WESCO(ウエスコ)のナイロン製シューレースを購入して付けてみました。

Wesco ウエスコ ロゴ

Wesco(ウエスコ)のシューレースをホワイツに装着

正直、このウエスコのシューレース… 買って大正解でした!
紐に引っ掛かりがあるので、結んでもほどけにくく、しっかりと縛れるのでホールド感が最高です。
ぶっちゃけ、インソールよりこっちの方が感動しました(笑)

ウエスコのシューレースを見る

White’s boots(ホワイツ・ブーツ)のお手入れ方法と靴磨き

個人的にこの丸紐タイプが好きというのもありますが、めちゃくちゃカッコイイですね!
そしていかがでしょうか、この仕上がり。経年変化は味として残しつつ、かなり綺麗になったと思います。

最後にコロニルのナノプロ防水スプレーを全体に吹きかけてやると完成です。

White’s boots(ホワイツ・ブーツ)のお手入れ方法と靴磨き コロニル防水スプレー

こちらはやってもやらなくても良いかと思いますが、水はじきが良く、布などのファブリックなどにも使えるので汎用性があってお勧めです!

まとめ

今回、一連の作業にかかった時間は、乾かす時間も含めると大体4時間ほどになります。ここまで時間をかけてメンテナンスすると、やはり愛着が一段と湧いてきますね。今回の作業を端的にまとめると、「ホコリを取る→汚れとオイルを落とす→乾かす→オイルを入れる→磨く」という流れになります。ホワイツのブーツはキング・オブ・ブーツと言われるだけあって、かなり頑丈な造りになっていますが、荒く使い過ぎると流石にボロボロになるので、定期的にお手入れをしてやらないとダメですね。今回の方法はスタンダードな方法になるので、参考にして頂けると幸いです。

ピックアップ記事

  1. ダーンタフの靴下はやっぱり最強だった 購入のポイントから交換まで
  2. ピレネックスのサイズ感やコーディネート・メンズとレディース
  3. 世界で最も丈夫な靴下、ダーンタフバーモント
  4. ハーベスティのサーカスパンツで作るコーディネート
  5. Pyrenex ピレネックス 偽物や詐欺サイトの見分け方

関連記事

  1. カナダグースのクリーニングと保管

    メンズファッション

    カナダグースのクリーニングと保管方法

    ギア感と洗練されたスタイリッシュさで大人気のカナダグース。高級なダ…

  2. TAION タイオン インナーダウンの洗濯方法

    メンズファッション

    TAION EXTRA(タイオンエクストラ)インナーダウンの洗濯方法

    今回は以前ご紹介した未来感がハンパない、TAION EXTRA(タイオ…

  3. キャプテンサンシャイン ・ポーター

    メンズファッション

    キャプテンサンシャイン ポーターの別注がスゴイ

    KAPTAIN SUNSHINE(キャプテンサンシャイン)が、PORT…

  4. Kaptain Sunshine キャプテンサンシャイン Baracuta バラクータG9 別注 ダサくない 着こなし

    メンズファッション

    キャプテンサンシャインのバラクータがダサいおじさん感を払拭する!

    今回はオシャレ感度の高い人たちに大人気のKaptain Sunshin…

  5. Taion extra inner down jacket タイオン エクストラ インナーダウン ジャケット USB 電熱

    メンズファッション

    TAION(タイオン)の電熱で暖かくなるインナーダウンが凄すぎる

    インナーダウン専門ブランドとして2016年に登場したTAION(タイオ…

  6. Pyrenex ピレネックス

    メンズファッション

    ピレネックスのサイズ感やコーディネート・メンズとレディース

    2016年に日本に上陸したばかりのフランス産ダウンのPyrenex(ピ…

最近の記事

  1. オーラリー AURALEE 春夏 秋冬 コレクション コーデ コーディネート
  2. Kaptain Sunshine キャプテンサンシャイン Baracuta バラクータG9 別注 ダサくない 着こなし
  3. White’s boots(ホワイツ・ブーツ)のお手入れ方法と靴磨きを徹底解説
  4. Ichiとイチアンティークスの服、ダサいコーデから学ぶコーデ術
  5. ichi(イチ)服 コーディネート




  1. キャプテンサンシャイン ・ポーター

    メンズファッション

    キャプテンサンシャイン ポーターの別注がスゴイ
  2. ピレネックス偽物

    メンズファッション

    Pyrenex ピレネックス 偽物や詐欺サイトの見分け方
  3. Kaptain sunshine キャプテンサンシャイン 春夏 コーディネート

    メンズファッション

    キャプテンサンシャインの春夏コーデはこれが正解
  4. F/CE.(エフシーイー)

    メンズファッション

    F/CE. エフシーイーのサコッシュとリュックがイケてる理由
  5. Nanga(ナンガ)別注コラボ ダウンジャケット ホワイトレーベル 焚き火 F/CE マニュアルアルファベット

    メンズファッション

    NANGA(ナンガ)の別注コラボ ダウンジャケットお勧め8選
PAGE TOP