F/CE.(エフシーイー)

メンズファッション

F/CE. エフシーイーのサコッシュとリュックがイケてる理由

メンズ、レディース問わず人気上昇中のサコッシュ。財布やケータイなど、必要最低限の
荷物だけで身軽に出かけたい時に便利なオシャレアイテムです。
今回はそんなサコッシュの中でもF/CE.(エフシーイー)のサコッシュがかなりイケてるのでご紹介したいと思います。

オシャレかつ機能的なF/CE.(エフシーイー)のサコッシュ

F/CE.(エフシーイー)サコッシュ

F/CE.(エフシーイー)のサコッシュは何と言っても見た目がスタイリッシュ。洗練された都会的な雰囲気とアウトドア感の少し混じったデザインが「大人のサコッシュ」という感じで、コーディネートにプラスするだけで、普段の装いをおしゃれにしてくれます。またF/CE.のサコッシュは見た目だけでなく、素材やスペックにもこだわり、使いやすさと丈夫さも兼ね備えています。

サコッシュを詳しく見ていく前にF/CE.(エフシーイー)というブランドがどういうものかサクッとチェックしてみましょう。

F/CE.(エフシーイー)とは

2016年に「Ficouture(フィクチュール)」から「F/CE.(エフシーイー)」へブランド名とロゴを一新。シーズンごとに世界中から選ばれた一つの“国”をコレクションテーマにするなど、他にはないブランド展開が魅力の国内ブランドです。デザイナーの山根敏史氏と山根麻美氏は、テーマとなった国を実際に訪れて数週間生活し、歴史、アート、音楽などの文化に触れ、そこで感じたインスピレーションをデザインに落とし込んでいきます。テーマの国は、シーズンごとに変わっていきます。

かなり物作りに対しての強い拘りと、感性を大切にしたブランドだということがお分かり頂けたと思います。今回はサコッシュをピックアップしておりますが、他にもリュックバッグ、服なども注目のアイテムがありますので、ぜひチェックしてみてください。

toeのベーシストとしても活躍

ちなみにデザイナーの山根敏史氏はミュージシャンとしてバンド活動も精力的に行なっています。

こちらが山根敏史氏

F/CE.山根敏史 toe
F/CE.山根敏史

バンドは日本を代表するポストロックバンド「toe」でベースを担当されています。
F/CE.のデザイナーをやりながらミュージシャンとしても活動されてとても多才ですね。
F/CE.の他にもSo farというアパレルブランドも展開されているので、こちらも要チェックです。

フランスをテーマにして作られたサコッシュ

F/CE.はテーマとなった国を旅して、そこからインスピレーションを得てプロダクトデザインを行なっており、今回はフランスをテーマにサコッシュを製作しました。余談ですが、旅をしてインスピレーションを得るあたりが、まさに「おしゃれジャーニー」で取り上げるにふさわしいブランドですね(笑)
そんな事はさておき、まずはスペックから見て行きましょう!

世界初のコーデュラナイロンサテン生地

F/CE.(エフシーイー)サコッシュ コーデュラナイロン
F/CE. サテンサコッシュ

F/CE.はシーズンごとにINVISTA社と今までにない斬新な生地の共同開発を行う世界でも非常に珍しいブランドです。このサコッシュに使われているコーデュラナイロンサテン生地は、縦糸に500デニール、横糸に210デニールの糸から構成されています。あまり丈夫でないサテン生地に、通常のナイロンの7倍もの強度を持つコーデュラナイロンを掛け合わせ、サテンの持つ上品で高級な光沢感を持ちつつも、丈夫で軽量な生地を生み出すことに成功しました。

F/CE.(エフシーイー)サコッシュ

財布やケータイ、ハンカチなど、必要最小限の小物を収納することができます。キャンプやフェス、旅行に行った時のサブバッグとしても活躍してくれること間違いなしです!

このサコッシュを見る

F/CE.(エフシーイー)サコッシュ ラインナップ

こちらがF/CE.のサコッシュ2018年の最新ラインナップ。
形は一緒ですが生地やロゴの入り方、ロープの柄、ジッパーの持ち手など、細かい部分が微妙に違うのも魅力的です。
シーズンごとにテーマが変わるので、今後も新たな生地やデザインの違うサコッシュが登場するのが楽しみですね。

F/CE.(エフシーイー)サコッシュ

生地表面のクロスした模様が特徴的なX-PAC(エックスパック)

F/CE.(エフシーイー)サコッシュ 生地

アメリカDIMENSION-POLYANT社が開発した3層構造の特殊素材。
表生地・糸・裏生地の3種類の素材とポリエステルの接着層を特殊な方法で貼り合わせ、軽量性、耐久性、防水性に優れています。

このサコッシュを見る

F/CE.(エフシーイー)サコッシュ カモ
ミリタリーテイスト抜群のUSドリップカモ

F/CE.(エフシーイー)サコッシュ カモフラージュ

カモフラージュ柄が個性的なサコッシュ。デザインはほぼ一緒ですが生地の拘りがハンパないです。
実際に米軍にも供給されている1000デニールのミルスペック・コーデュラナイロンを使用。通常のコーデュラナイロンとは異なり、原着糸と呼ばれる、あらかじめ顔料着色を施した繊維を使用し、民間品に比べて5倍の引き裂き強度を誇ります。繊維と顔料が一体化しているので摩擦や日焼けによる退色も少なく、経年変化しにくいのもポイントです。

このサコッシュを見る

F/CE.(エフシーイー)サコッシュ ロープ

ストラップは普通のショルダーバッグにあるようなものではなく、ギア感のあるガイロープを使用してるところがおしゃれですねぇ。モデルによってロープの柄も違うのが強い拘りを感じます。

F/CE.(エフシーイー)サコッシュ ロープ

ロープは片方を引っ張るだけで長さが調節できるのも嬉しいポイント。

F/CE.(エフシーイー)サコッシュ ジッパー
コーデュラナイロン・サテンのみジッパーの持ち手のデザインが違います。こう言った細かい部分が違うのも拘りを感じます。

F/CE.(エフシーイー)サコッシュ ロゴ

ロゴの入り方もプリントしたものとタグを縫い付けたものと微妙にデザインが異なります。

F/CE.のサコッシュでコーディネート

F/CE.(エフシーイー)サコッシュ コーディネート メンズ

F/CE.(エフシーイー)サコッシュ コーデ レディース

F/CE.(エフシーイー)サコッシュ コーディネート

F/CE.(エフシーイー)サコッシュ コーデ
過去にはドイツをテーマにしたサコッシュがあったりと、シーズンごとにスペックが変わるので見逃せないですね!色や柄の違うサコッシュはコーディネートのアクセントにもなるので集めてみるのもお勧めです!

リュックやバッグも充実のラインナップ

F/CE.(エフシーイー)バックパック
950 ROLL TOP ロールトップ

タウンユース用に設計されたロールトップデイパックは、ブランドの顔ともいうべき定番です。リュック上部をクルッと巻いて閉じるロールトップデザインのデイパック。大きく開くロールトップの収納口は、荷物の出し入れが楽に行えます。サイドには大きく開く止水ジッパーが付いてあり、背負いながら中へのアクセスが可能です。肩に沿ってカーブした背負い易いクッション入りのショルダーストラップや肩ズレを防ぐチェストストラップで、しっかり体にフィットするので、背負い心地も抜群です。

商品ページはこちら

F/CE.(エフシーイー)リュック
サテントラベルバックパック SATIN TRAVEL BP F1602SE0001

こちらのリュックは上で紹介したサコッシュ同様、コーデュラナイロンサテン生地を使用したリュックです。タウンユース用に設計されたトラベルバックパックは、F/CE.を代表する定番モデルです。1泊2日の旅行を想定したサイズ感で、タウンユースにも活躍してくれます。チェストストラップ付きのショルダーストラップは肩のカーブに沿うように設計され、背負い心地も抜群。サイズ調整をするテープの先は、巻き取ってマジックテープで留めることができて見た目もスッキリできます。ショルダーストラップと背中が当たる背面部分にはメッシュ付きの通気性の良いクッションが装備され、長時間背負っても疲れにくいように工夫されています。

商品ページはこちら

F/CE.(エフシーイー)リュック カモフラ
US CDR DAY バッグ F1801SE0014

1000デニールのミルスペックコーデュラナイロンを使用した、F/CE.(エフシーイー)のカモフラージュ柄デイバッグ「US CDR DAY」。目を引く独特のカモフラージュ柄がインパクトのあるバックパックです。普段使いから1泊旅行まで対応できる程よい大きさのデイバッグ。タフなコーデュラナイロンを使用しているので、毎日ハードに使用していてもヘタれません。ショルダー部分のメッシュ素材や、チェストストラップなど、細かな部分にも気の利いたデザインがあり、いつでも快適にお使いいただけます。

商品ページはこちら

まとめ

いかがだったでしょうか?最後は少し駆け足気味になってしまいましたが、F/CE.の魅力が少しでも伝わったら幸いです。こだわり抜いたスペックもさることながら、ただ単純に見た目がかっこいいという、うんちくを語らなくても伝わってくる良さがあると思います。
今回掲載させて頂いたショップは下記になりますので、ぜひチェックして見てください。

LEA+RARE(レアトレア)
Crouka(クローカLR)
ROCOCO(ロココ)

ピックアップ記事

  1. ロシア製ダウンArctic Explorerがカナダグースを超える予感
  2. カナダグースのクリーニングと保管方法
  3. Canada Goose(カナダグース)のダウンやファー、生地について知る
  4. ハーベスティのサーカスパンツで作るコーディネート
  5. カナダグースのサイズ感やサイズ選びのコツを伝授

関連記事

  1. テックウェアのお勧めブランド

    メンズファッション

    アクロニウム以外もすごい!テックウェアブランドのお勧め27選

    テックウェア(Techwear)がカッコイイ!ということで!今回は…

  2. canada goose(カナダグースブラックラベル)

    メンズファッション

    カナダグースのブラックレーベル(ラベル)を徹底解剖!

    今なお人気の衰えないカナダグースのダウンジャケットですが、お馴染みの赤…

  3. Mystery Ranch(ミステリーランチ)2day assault 2デイアサルト おすすめ ミリタリー リュック

    メンズファッション

    ミステリーランチはこれ一択!2day アサルトが超お勧めな理由

    最強のバックパックを作ることで名高いMystery Ranch(ミステ…

  4. Pyrenex Annecy Jacket ピレネックス アヌシージャケット

    メンズファッション

    ピレネックスのダウン、メンズはアヌシーで決まり

    2016年に日本初上陸となったフランス産のダウンブランドPyrenex…

  5. Kaptain sunshine キャプテンサンシャイン 春夏 コーディネート

    メンズファッション

    キャプテンサンシャインの春夏コーデはこれが正解

    オシャレ感度の高いファッション好きな人たちから熱い支持を受けるKapt…

  6. Andersen-Andersen アンデルセンアンデルセン knit ニット セーター サイズ感 洗濯 コーディネート

    メンズファッション

    アンデルセンアンデルセンのサイズ感や洗濯方法、コーデを総まとめ

    良質なニット製品を生み出し続けるブランドを語る上で避けては通れない、A…

最近の記事

  1. Taion extra inner down jacket タイオン エクストラ インナーダウン ジャケット USB 電熱
  2. Nanga(ナンガ)別注コラボ ダウンジャケット ホワイトレーベル 焚き火 F/CE マニュアルアルファベット
  3. Mystery Ranch(ミステリーランチ)2day assault 2デイアサルト おすすめ ミリタリー リュック
  4. alk phenix(アルクフェニックス)秋冬のお勧めと評判
  5. テックウェアのお勧めブランド




  1. FREDRIK PACKERS(フレドリックパッカーズ)工場

    メンズファッション

    フレドリックパッカーズ 別注ラインの人気モデル続編(FREDRIK PACKER…
  2. Kaptain sunshine キャプテンサンシャイン 春夏 コーディネート

    メンズファッション

    キャプテンサンシャインの春夏コーデはこれが正解
  3. Harvesty ハーベスティ サーカスパンツ

    レディースファッション

    ハーベスティのサーカスパンツで作るコーディネート
  4. Patagonia(パタゴニア)クラシック・レトロX ベスト Classic Retro-x Vest

    メンズファッション

    パタゴニア レトロX サイズ感やコーデを総まとめ
  5. canada goose

    メンズファッション

    Canada Goose(カナダグース)のダウンやファー、生地について知る
PAGE TOP